​気  圧

高気圧環境下では全身加圧により人成長ホルモンの分泌が促進されます。人成長ホルモン(IGF-1)は、骨端線(こったんせん)に働きかけ骨を成長させる組織成長や脂肪燃焼、細胞結合強化、細胞等の修復を促進します。気圧は神経・免疫・内分泌系のトライアングルバランスを適切に保ち、様々なストレスに負けない身体を維持するための自立神経機能に大きく影響し、体調維持の重要な役割を担っています。

「圧力に比例して気体は液体に溶け込みやすい」ヘンリーの法則はAPF2を利用する上で最も重要な仕組みです。2002年設立当初から気圧と酸素が次世代の健康を担う大きな役割を果たすであろうという確信はより強いカタチとなり進化しました。

「気圧」により自律神経の働きが整えば、自律神経によりコントロールされている毛細血管の血流が増し、良質な酸素・水素を効率良く届けることが可能となるのです。

​毛細血管

髪の毛の直径1/10程度で肉眼では見えない程の細さです。全身に網の目のように張り巡らされており全身の血管の99%を占めていることから、人体で一番大きな臓器とも例えられます。毛細血管の先の先まで酸素や水素、栄養素が届く、それは全細胞の一つ一つが元気でいられるという事。細胞で造られる臓器や皮膚、毛根に至るまで若々しく健康である為には毛細血管がまず健康でなければなりません。

動脈や静脈と違い加齢とともに減るのが毛細血管の特徴ですが、血流を良くすることで年齢に関係なく増やすことも可能です。健康といえば「動脈」から​「毛細血管」の時代へ。19世紀の内科医William Osler「人は血管とともに老いる」は「毛細血管とともに老いる」とも言い換えられるのです。