近年の健康意識の高まりで酸素や水素、活性酸素などの言葉が身近になったように思います。活性酸素の除去がアンチエイジングにつながることから、除去を可能にする酸素や水素のチカラが注目されているのです。では、APF2で得られる酸素はどのようなものなのでしょうか。

APF2内の酸素濃度は気圧を1.35気圧に高めることで28%程度に保たれます。濃度の高い酸素を送り込むのではなく、高気圧が空気中の酸素濃度を自然と高める性質を利用しています。自然酸素が微細で良質な酸素となり体内へ取り込まれます。同じ酸素でも悪質な性酸素とは真逆の働きをするものです。医学世界で危険視される酸素濃度50%以上に満たず体内活性酸素増加につながる悪影響がないので安心です。

​水  素

水素が注目される理由、それは悪玉の活性酸素と強く反応しやすい性質を持つからです。悪玉活性酸素とは酸化力が非常に強くなった酸素分子で、身体を錆びつかせ老化を進行させます。水素は主な活性酸素4種のうち最も強い酸化力で悪性度の高い悪玉代表ヒドロキシラジカルのみと結合し除去、無害化するゆいいつの存在なのです。

 

ヒドロキシラジカルのみであるのが重要で、活性酸素の中には人体生存にむしろ必要で有益なものも存在します。抗酸化成分により活性酸素をすべて除去してしまうのは善玉をも除去することになってしまいます。

​酸  素